コースについて


映像表現学科のコースについて

映像表現学科

映像制作の現場は、デジタル技術を核にしながらデキルコトの領域を広げています。
ネット配信やワンセグに代表されるように映像を再生するメディアが身近な存在として定着し多様化することで、クリエイターの活動の場は更に爆発的に広がることでしょう。
広大で自由過ぎる表現の世界が待っています。
しかし、だからこそ、一人ひとりのクリエイターが「何をするべきか」を考える力を持ち、
優れたコンテンツを創出することが要求される時代を迎えています。
映像表現学科では、初年度より開始される映画・アニメ・CG各分野に特化した専門性を縦糸に、
写真表現を基礎におく総合性を横糸とした実践的な教育を行います。
3つのコース「映画・アニメ・CG」は、大雑把に言うとプロセスが異なります。
すなわち「撮影する。絵を描く。データを作る」です。様々な手法が存在するうえに奥行きもあるので、
ある程度専門を定めて勉強しないと太刀打ちできないでしょう。
それが、コースの意味です。一方で最終的に作品に仕上るプロセスである「編集」でやることは、実はほとんど変わりありません。
コンピュータのディスプレイとにらめっこしながら、映像や音の素材を試行錯誤しながら「組み立てる」作業です。

これが、異なる分野が一つの学科を形成している意味です。

皆さんは、まず映像分野における何らかの表現手段を獲得することを目指してください。
それぞれのコースで開講される授業は専門性の高いものですが、皆さんに開かれています。
そこで獲得した表現手段を用いて自分らしい表現を目指してください。
その力量があれば、様々な表現手法を混ぜ合わせることも自由です。
シンプルなドラマやVFXをふんだんに盛り込んだ派手なアクション。
あるいは、可愛らしいキャラクターが登場するアニメやメッセージ性を含んだフルCGアニメーション。
その可能性は、皆さんの想像力の数だけあるのです。


【各コース紹介】
映画コース
アニメコース
CGコース