アニメコース


アニメーション表現に欠かせない3つの技術を修得

アニメコース

「描く」「物語る」「アニメーションを動かす」の3つの技術をトレーニングします。上位年次からは個人作品の制作を通じて全般的なスキルを強化。ストーリーテリングや演出法、構成力など、アニメーション表現に求められるすべての力を総合的に身につけます。

1年次
毎月の人物クロッキーやレイアウトの授業で、基礎画力を徹底的にみがきます。
アニメコースでは1年から、学生が将来めざす方向のスキルをゼミ的な個別対応で習得します。
アニメ小作品も各種作ります。

2年次
Adobe Photoshop、Adobe After Effectsをはじめとしたデジタルソフトウェアによる映像処理技術の基礎も学びます。
透視図法、キャラクターデザイン、絵コンテなど、幅広いアニメ専門技術を2年で一通り身につけます。
イラストやGIFアニメ作品も作ります。

アニメコース

3年次
個人アニメ作品を作りながら、就職活動に特化した準備が始まります。
就職活動にたりない知識、スキル、画力を徹底して強化していきます。インターンシップも始まります。

4年次
クリエイター系の学生は卒業制作、ビジネス系の学生は卒論を仕上げます。
春から本格化する就活にも全力で取り組みます。

大学内外での活動

いろいろな人々の思いを乗せて、「アニタス神戸」始動!
神戸芸術工科大学が中心となって出資し、日本アニメーター・演出協会、有限会社Wishおよび神戸市との連携により準備が進められていたアニメー ション制作スタジオ「アニタス神戸」が2010年3月発足しました。
「震災からの復興を願い、神戸に元気をもたらしたい」との思いからイベントとしてス タートしたアニメーション神戸。神戸の地にアニメーション事業を定着させたいという願いとして発展した同事業が結実し、ついにアニメーション制作スタジオ として動き出しました。
アニタス神戸は、当初は東京の提携会社が受注した東京キー局のテレビアニメ番組などの作画を手がけ、ゆくゆくはオリジナル企画のアニ メーション制作をめざしていきます。

<アニタス神戸>
http://www.anitus-kobe.jp/


★★★ 【学生作品】(一部) ★★★



※再生時は音量の設定にご注意ください。

【タイトル】From Amco
【制作年】2014
【作品形態】アニメ作品(4m49s.)
【制作】清水 美紀、富坂 真帆、畑島 つばさ

【コメント】
2013年度卒業生の卒業制作作品。

【賞歴】
カオス2014 学科賞


※再生時は音量の設定にご注意ください。

【タイトル】hand in hand
【制作年】2012-13
【作品形態】アニメ作品(6m42s.)
【制作】大塚 芙由紀、髙橋 奈緒美、藤本 典子(メディア表現学科 まんが・アニメーション専攻)
2012年度卒業制作作品
(キャスティング協力:神戸電子専門学校・声優タレントコース)

【コメント】
いつもくだらない喧嘩ばかりしている白雪姫とアリス。
2人の騒動に巻き込まれた他のプ­リンセス達は、力を合わせ止めようとするが…

【賞歴】
・カオス2013 奨励賞


※再生時は音量の設定にご注意ください。

【タイトル】王 -KING(S)-
【制作年】2012-13
【作品形態】アニメ作品(6m12s.)
【制作】今村 洋輝、宮下 秀作(メディア表現学科 まんが・アニメーション専攻)
2012年度卒業制作作品
(キャスティング協力:神戸電子専門学校・声優タレントコース)

【コメント】
会社をクビになった男の前に、ある国の執事が現れ「王様になってほしい」と懇願される­。
戸惑う男だが、執事の懇願に悩みながらも、王様になることを了承する…。

【賞歴】
・カオス2013 奨励賞


★★★ ぜひ他の学生作品もご覧ください。【学生作品(アニメ)ページへ】 ★★★